なぜまんこの保湿が必要なのか

まんこに関する各国の見方や対応は異なり、欧米諸国では日本よりも性教育が進んでいるという話があります。

日本ではあまりまんこについての教育が徹底していないようで、したがって女性はまんこに関する知識が不足しがちのようです。そのひとつが保湿で、保湿とは水で濡れることではありません。

◆まんこの知識とは?
まんこに関する知識は積極的に教える母親は少ないかもしれません。そこで女性はいろいろなことを自分で調べることになりますが、クリニックやエステサロンでVゾーンやIゾーンのケアをすることは常識になっていますが、いわゆるピュビケアについて知る必要があります。

◆ピュビケアで大切なことは保湿
ピュビケアではまんこの洗い方や、黒ずみやくすみのケア方法、
さらにはヘアケアなどがあります。
そして、重要なのが保湿で、まんこはある程度は水分がありますが、
適切な正しい保湿が必要です。

◆保湿が必要な理由
顔もまんこも皮膚ですから、角質層があります。顔の角質層は10層あるのに対して、まんこの角質層は5層しかないそうです。つまり皮膚や肌というよりは粘膜に近いのです。ですから角質層の層数が少ないと敏感肌になります。したがってまんこと呼ばれますが、この意味は微妙ということではなく、生理的な意味なのです。

◆40代以上では特に保湿が必要
まんこはショーツで覆われていて、ショーツが膣からの分泌液を吸い取ってしまいます。また、トイレに行くたびにトイレットペーパーで分泌液を吸い取ります。40代を過ぎるとまんこは乾燥しやすくなると言われています。

ですから、保湿が大切になり、乾燥すると汗などで雑菌が増えて臭いが強くなります。トイレで紙を使って拭き過ぎるのはNGですし、保湿用品を使う必要があるのです。