なぜまんこの保湿が必要なのか

まんこに関する各国の見方や対応は異なり、欧米諸国では日本よりも性教育が進んでいるという話があります。

日本ではあまりまんこについての教育が徹底していないようで、したがって女性はまんこに関する知識が不足しがちのようです。そのひとつが保湿で、保湿とは水で濡れることではありません。

◆まんこの知識とは?
まんこに関する知識は積極的に教える母親は少ないかもしれません。そこで女性はいろいろなことを自分で調べることになりますが、クリニックやエステサロンでVゾーンやIゾーンのケアをすることは常識になっていますが、いわゆるピュビケアについて知る必要があります。

◆ピュビケアで大切なことは保湿
ピュビケアではまんこの洗い方や、黒ずみやくすみのケア方法、
さらにはヘアケアなどがあります。
そして、重要なのが保湿で、まんこはある程度は水分がありますが、
適切な正しい保湿が必要です。

◆保湿が必要な理由
顔もまんこも皮膚ですから、角質層があります。顔の角質層は10層あるのに対して、まんこの角質層は5層しかないそうです。つまり皮膚や肌というよりは粘膜に近いのです。ですから角質層の層数が少ないと敏感肌になります。したがってまんこと呼ばれますが、この意味は微妙ということではなく、生理的な意味なのです。

◆40代以上では特に保湿が必要
まんこはショーツで覆われていて、ショーツが膣からの分泌液を吸い取ってしまいます。また、トイレに行くたびにトイレットペーパーで分泌液を吸い取ります。40代を過ぎるとまんこは乾燥しやすくなると言われています。

ですから、保湿が大切になり、乾燥すると汗などで雑菌が増えて臭いが強くなります。トイレで紙を使って拭き過ぎるのはNGですし、保湿用品を使う必要があるのです。

 

まんこが臭い人の特徴

まんこが臭いという表現で、臭いという言葉はいささか曖昧です。臭いは気体なので目でみることができませんから、カッテージチーズのような臭いとか、腐った魚のような臭いなどと表現する場合が多いようです。

ところで、まんこが臭い人の特徴、つまりその原因は大きく分けると3つです。

■臭いのは性病に罹っているから
まんこが異臭を放つ際には、まずは性病を疑ってみましょう。性病に罹っている人、治療中、治療した人のデリケートゾーンは臭いを放ちますが、主な臭いのもとは性病の病菌で、クラミジア、カンジダ、トリコモナスなどです。また、この際の特徴は、おりものの色が変化したり量が増えたりすることです。

■まんこが臭い時は子宮頸がんの疑いがある
子宮頸がんの疑いがある、もしくは子宮頸がんを発症して治療中、あるいは治療をした人のデリケートゾーンは臭いを発します。特に腐敗臭があるのが特徴で、さらにおりものの色や量が通常とは異なります。ちなみに子宮頸がんの特徴は腹痛や下腹部に痛みがあることですから、すぐに婦人科で診察を受けましょう。

■すそワキガもデリケートゾーンが臭くなる
すそワキガの人、治療中あるいは治療をした人のデリケートゾーンも臭います。この際の臭いの強さは人により異なり、性病や子宮頸がんの臭いとも異なります。なお、動物性脂肪を過剰に摂り過ぎると、すそワキガに似た臭いがすることがあります。

■デリケートゾーンが臭う特徴の共通点
実はこれらのまんこが臭う場合には、おりものの量が多いという共通点があります。おりものの量が多いと下着が蒸れますから、雑菌が繁殖し、その雑菌が悪臭を放つのです。

別の観点から言えば、デリケートゾーンの嫌な臭いは何らかの身体の異変を知らせるウォーニングサインとも言えそうです。陰部 臭い 対策